ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

ありがとう

 

 

[TBS]

ホームドラマ全盛期の1970年代に金字塔を打ち立てた伝説の番組。瞬間最高視聴率は56.3%という民放初の記録を打ち立てた。テレパック第1号作品。
プロデューサーは29年も長寿を誇る「渡る世間は鬼ばかり」石井ふく子。この時、44歳。<脚本は石井ふく子と共に「肝っ玉母さん」を執筆し、40年以上のシリーズ「御宿かわせみ」を産み出した平岩弓枝。当時38歳。主役は “一日一歩、三日で三歩 三歩進んで二歩さがる~♪” でおなじみの「三百六十五歩のマーチ」を前年にミリオンセラーヒットを飛ばした歌手・水前寺清子。当時25歳。

【脚本】平岩弓枝

第1シリーズ 婦人警官篇
1970年4月2日(木)~1970年10月22日(木)20:00~20:56 全30話

 

東京下町の保育園に母と同居している四方光。母の勝は栄養士をしながら女手ひとつで光を育ててきた。光は母に反対されるも警察官になりたくて、洋裁学校だ、料理学校だと嘘をつき、警察学校に通っている。だが、それも勝にバレてしまい…。

【出演】水前寺清子、山岡久乃、和泉雅子、石坂浩二、長山藍子、沢田雅美、奈良岡朋子 ほか

第2シリーズ 看護婦篇
1972年1月27日(木)~1973年1月18日(木)20:00~20:55 全52話

阿佐ヶ谷にある十(つなし)病院と母子家庭である古山家を舞台に看護師・新と小児科医・虎之介の恋やドタバタを描く。たびたび視聴率40%をマークし、12月21日の第48話では遂に56.3%を記録した。

☆1972年度ゴールデンアロー賞

【出演】水前寺清子、山岡久乃、石坂浩二、大空眞弓、井上順、児玉清、乙羽信子、沢田雅美、奈良岡朋子 ほか

第3シリーズ 魚屋篇
1973年4月26日(木)~1974年4月25日(木)20:00~20:55 全53話

江戸時代から続く老舗魚屋の一人娘・愛は元気に働く魚屋5代目。同じマーケットに同居する八百屋の長男とは折り合いが悪く会えばケンカばかりだが、彼は美大卒のインテリで、出版会社に勤務しているハンサム。愛はなんだかんだいっても気になってしまい…。

【出演】水前寺清子、山岡久乃、石坂浩二、井上順、奈良岡朋子、草笛光子、坂上忍、長山藍子、音無美紀子、野村昭子、前田吟、大空眞弓 ほか


第4シリーズ カレー店篇
1974年5月2日(木)~1975年4月24日(木)20:00~20:55 全52話

カレー屋の女主人と隣のパン屋の女主人は犬猿の仲。しかし子供たちは仲良しで。

【出演】京塚昌子、佐良直美、山岡久乃、井上順、萩島真一、研ナオコ、沢田雅美、大和田伸也、金田龍之介、音無美紀子、藤岡琢也、長山藍子、尾藤イサオ、奈良岡朋子 ほか

【製作著作】テレパック

 

Creators

プロデューサー
石井ふく子
ディレクター
川俣公明


このページの先頭へ