ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

月曜ゴールデン 内田康夫サスペンス
浅見光彦シリーズ27 斎王の葬列

 

[TBS]
2009年9月7日(月)21:00~22:54(全1話)

34年前に、御古此の森で野元末治という男性が、倒れた鳥居に押し潰され遺体となって発見された。その傍らには、神事の折に人の代わりや、憎しみや呪いの象徴として使われたという青銅製の人形代があったことから、「盗掘した祟りだ」との噂が立つが、妻・恵子は「殺されたんだ」と叫び訴えた。しかし、その恵子も変死体で発見され、その横には激しい筆で「怨」と書かれた和紙が置かれていた。時は変わり現代、ルポライターの浅見光彦は、学生時代の友人である白井貞夫に白井が運営する”劇団東京シャンハイボーイズ”の取材を頼まれる。劇団の今回の演目は「斎王の葬列」。都から伊勢神宮へ遣わされた皇女の通い路であった滋賀県土山が舞台で、「斎王群行」を題材にしたものである。取材に訪れた光彦が、劇団員達に混ざって劇団の宴会に出た翌日、シャンハイボーイズの元劇団員で、白井にロケ地を紹介した長屋明正が死体で発見される。そしてその数日後、今度はシャンハイボーイズのマネージャーだった塚越綾子が殺されてしまう…。

 

【原作】内田康夫「斎王の葬列」新潮文庫

【脚本】石原武龍

【出演】沢村一樹、加藤治子、村井國夫、酒井美紀、山本圭、松原智恵子、音無美紀子、藤吉久美子、土屋裕一、遠山俊也、笑福亭笑瓶、山崎銀之丞、長谷川哲夫 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
矢口久雄
渋谷未来
ディレクター
村上牧人


このページの先頭へ