ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

月曜ゴールデン 西村京太郎サスペンス
十津川警部シリーズ52 小田原城殺人事件
~一期一会の証言~

十津川52

 

[TBS]
2014年5月12日(月)21:00~22:54(全1話)

都内のとある冷凍倉庫から女性の死体が発見された。胃に睡眠薬が残っていたことから、十津川警部(渡瀬恒彦)たちは自殺と他殺の両面から捜査を進めることになった。遺体からは死亡時刻を特定できず、身元を示すものも残っていなかった。手掛かりを得るために警察が女性の似顔絵を公開すると、意外な証人が現れた。小田原城の観光ボランティアガイドをしている今泉明子(泉ピン子)である。被害者の女性は自分が案内した観光客の中島由美(嘉門洋子)に違いないと亀井刑事(伊東四朗)に語る。明子は、由美が東京で働く看護師で、小田原城で熱心に写真撮影をしていた女性4人のグループの一人だったと続ける。観光客との一期一会を大切にしていると明子は誇らしげだ。明子の証言通り、遺体は由美本人だった。由美のパソコンに残った記録をたどると、小田原城に由美と 一緒にいた3人は、保険外交員の近藤政子(遠山景織子)、保母の岩本恵(朝倉えりか)、女優の河野みどり(菜葉菜)だと判明した。由美の死を知って驚く3人だが、それぞれにアリバイがあり、事件との関連を否定する。由美は人から恨みを買うような性格ではなく、銀行の預金もそのまま残っていた。しかし、由美の婚約者・柏智樹(金児憲史)にギャンブル癖があることが十津川には気にかかっていた。由美と柏の間に発生した金銭トラブルが原因で、柏が由美を殺害したとも考えられるからだ。十津川と亀井は小田原城に明子を訪ね、明子の曖昧な記憶を慎重にたどっていく。そして被害者の仲間3人のうち、アリバイが崩れる人物を突き止めた。新たな視点を加えて捜査が進む中、明子が車にはねられて怪我をしたという知らせが飛び込んでくる…。

 

【原作】西村京太郎「一期一会の証言」祥伝社

【脚本】水谷龍二

【出演】渡瀬恒彦、伊東四朗、泉ピン子、遠山景織子、堤大二郎、山村紅葉、中西良太、古川りか、内山翔人、あかつ、菜葉菜、嘉門洋子、朝倉えりか、金児憲史 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
森下和清
ディレクター
池澤辰也


このページの先頭へ