ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

月曜ドラマスペシャル 内田康夫サスペンス 
浅見光彦シリーズ4 佐渡伝説殺人事件

 

[TBS]1995年7月31日(月)21:03~22:54(全1話)

雑誌の取材で佐渡を訪れた浅見光彦(辰巳琢郎)は、賽の河原で中年男・駒津(山崎満)を見た。帰京した光彦は近所で倒れている駒津を偶然発見。だが、光彦はその直後に気を失い、気づいた時には男は死んでいた。警察は光彦を疑うが、警視局長の弟と知り釈放する。駒津の自宅を訪ねた光彦は、娘・彩子(若林志穂)と駒津の旧友・三輪(塚本信夫)に事件当日の様子を話した。数日後、その三輪が佐渡で変死。光彦は、駒津と三輪の元へ届いていた“願”と書かれた葉書を手掛かりに佐渡へ向かう。島には“願”という地名があった。民宿主から「30年前に賽の河原で子連れの女性が死んだ。発見したのは3人組の学生だった」と聞いた光彦は、その学生達が駒津と三輪、そしてもうひとりの親友・谷田部だったことを知る。東京へ帰った光彦は谷田部に呼び出され、潔白を証明するため「30年前、賽の河原で起きた事件で死亡した母親の娘を捜してほしい」と頼まれ、本格的な調査に乗り出す。内田康夫原作・浅見光彦シリーズ第4弾。佐渡を舞台に美しい映像と悲しい物語が交錯する「佐渡伝説殺人事件」。佐渡の賽の河原が事件の鍵となるため、ロケは佐渡の伝統芸能のひとつ「薪能(たきぎのう)」のシーズンにあわせた。佳那晃子、若林志穂と女優二人が演じる恋の鞘当ても見もの。ストーリーは内田康夫流の逆転に次ぐ逆転の展開で、意外な真犯人が浮上…。佐渡で30数年の歳月を越えて、悲しい伝説が甦る!

 

【原作】内田康夫

【脚本】小木曽豊斗

【出演】辰巳琢郎、加藤治子、村井國夫、佳那晃子、岩林志穂、斉木しげる、森山周一郎、橋本功、田山涼成 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
矢口久雄
吉沢雅治
ディレクター
佐々木章光

このページの先頭へ