ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

月曜ドラマスペシャル 内田康夫サスペンス
浅見光彦シリーズ12 札幌殺人事件

 

[TBS]1999年9月20日(月)21:00~22:54(全1話)

浅見光彦(辰巳琢郎)は、本業はルポライターだが、趣味の探偵がめっぽう評判が良く、そんな名探偵の光彦をわざわざ札幌から訪ねてきた女性がいた。光彦が執筆している雑誌の編集長の知り合い・越川春恵(深浦加奈子)だ。春恵の知り合い・戸田(京晋佑)が行方不明になり、編集長から光彦を紹介されたのだ。春恵は、高校時代の親友・立花穏代(鮎ゆうき)が白井(三浦浩一)という男に騙されているのではないかと心配して、探偵業をしている戸田に白井の素行調査を依頼していた。その後の失踪だけに春恵は責任を感じていた。戸田の足取りを追っていくと、1つの事件にぶつかった。1ヶ月程前、土木現業所の部長が水死体で発見されたというものだった。次の朝、また殺人事件が起こった。公園で男が死んでいた。被害者の身元は全く不明で、毒物のカプセルを自分で噛み砕いた形跡がある。光彦は、雪江と父の知り合い・徳永(久米明)から札幌ビジネスパーク建設に絡む収賄事件の話を聞いた。今回の事件に関係があると睨んだ光彦は、警視庁刑事局長である兄・陽一郎に裏事情を調べてほしいと頼んだ。だが、陽一郎からの返事は、すぐに手を引いて帰ってこいというものだった。光彦は、それでも調査を続行する。

 

【原作】内田康夫

【脚本】石原武龍

【出演】辰巳琢郎、加藤治子、村井國夫、三浦浩一、鮎ゆうき、久米明、深浦加奈子 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
矢口久雄
吉沢雅治
ディレクター
脇田時三
AD
浅野敦也


このページの先頭へ