ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

月曜ミステリー劇場年末スペシャル企画 
西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ33 
東北新幹線はやて殺人事件

【詳細ページ用】-十津川33

 

[TBS]2004年12月27日(月)21:00~23:09(全1話)

師走のある日、東京・中野のアパートで火災が発生し、中から男の刺殺死体が発見された。男はアパートの住人で、建設現場作業員の奥田豪(沢向要士)だと分かった。十津川警部(渡瀬恒彦)と亀井刑事(伊東四朗)たちが捜査を担当する。二人は火災現場にいた、藤川志津江(大原麗子)に見覚えがあった。十年前のことだ。十津川は志津江の弟、和也(川上たけし)を殺人事件の容疑者として逮捕した。和也は護送の途中逃亡を図り、事故死した。ところがその後、和也は無実だと分かった。それ以来、志津江は十津川を憎み続けていた。亀井たちの調べで、奥田は志津江が営むスナックの常連客だったことが分かる。奥田は近々故郷の青森へ帰ることを楽しみにしていた。志津江が東北新幹線「はやて」のチケットを手配してやったという。奥田を弔うため青森へ行きたいという志津江の申し出を受けて、十津川は密かに志津江を監視する。志津江が乗ったのは奥田が乗るはずだった「はやて」7号の8号車だ。すると、奥田が座るはずだった席に若い女(松永玲子)が座ろうとする。チケットをどこで手に入れたのかと問い詰める志津江に、女はよく知らない男から譲ってもらったと答え、姿を消す。青森に着いた志津江は、奥田の友人・足立秀雄(山上賢治)の案内で菩提寺を訪れ奥田を弔った。ところが足立が何者かに殺され、志津江も襲われる。間一髪、志津江に追いついた十津川が危機を救った。だが志津江の十津川に対する頑なな態度は変わらない。志津江は、自分の手で奥田殺しの犯人を探そうと思っているのだった。手がかりを掴んでいるのか…。十津川が事件を解決するには、志津江の協力を得なくてはならない…。そして、第三の殺人が起こる。「はやて」7号に乗っていた弁護士・深町恵子(泉晶子)が車中で毒殺されたのだ。深町の座席は奥田が座る予定だったあの席と同じ番号だった…。連続殺人は同一犯によるものなのか。三件の殺人をつなぐものは何か。事件のカギを握る志津江…。十津川は志津江の協力を得ることができるのか…。

 

【原作】西村京太郎「東北新幹線「はやて」殺人事件」(実業之日本社)

【脚本】安本莞二

【出演】渡瀬恒彦、伊東四朗、大原麗子、梨本謙次郎、石田太郎、堤大二郎、小野武彦、山村紅葉、小野ヤスシ、中西良太、古川りか、沢向要士、大門正明、あご勇、菊池隆則 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
森下和清
沼田通嗣


このページの先頭へ