ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

火曜サスペンス劇場 十二月の花嫁 

 

 

[NTV]2002年12月10日(日)21:00~22:54(全1話)

金沢にある老舗の呉服屋の一人娘・早坂万里子(牧瀬里穂)は、3歳年下の恋人・間宮浩平(金子賢)との挙式をひと月後に控え、準備に大忙しだった。トラックの運転手をしている浩平の家族は、肝臓病で長期入院中の妹・加奈ただ一人。父親が10年前、事故死したため浩平は、父親の親友・室井吾郎の助けでずっと加奈の面倒を見てきた。東京で知り合った万理子と浩平は、同郷だったこともあって仲良くなり結婚を決意。万里子は、どんなに父・宗彦、母・祥代の反対があろうと浩平と一緒になるつもりであった。ところが、その2週間後、万里子の親友で金沢在住の星川睦美が市内の公園の階段で何者かに突き落とされて死亡。地元で新聞記者をしている従姉妹の相川妙子から、話を聞いた万里子は10年前、その階段であった嫌な出来事を思い出した。その年の師走、万里子と睦美は、階段の上で酔った中年男に絡まれたことがあった。抱きつかれた万里子は、とっさに振り払ったのだが、その拍子に男は階段から転落してしまったのだ。そして浩平が投身自殺を図った…。彼が睦美を殺したのか?

 

【脚本】西村タカシ

【出演】牧瀬里穂、金子賢、清水章吾、大杉漣、秋吉久美子、石倉三郎、原日出子、段田安則、橘実里 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
黒沢淳


このページの先頭へ