ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

土曜ワイド劇場  25周年記念スペシャル
混浴露天風呂連続殺人22 東京~長崎~雲仙 
温泉デカの名推理!島原の子守唄に秘められた謎

 

[ABC]2002年12月21日(土)21:00~22:51(全1話)

東京・原宿のマンションで殺人事件が発生する。警視庁原宿分室の左近太郎(古谷一行)、倉本一平(火野正平)が捜査にあたる。被害者は、長崎で不動産会社を経営する田所光彦(永島敏行)の妻・礼子(斉藤林子)。現場から光彦のネクタイピンが発見されたため、太郎と一平は長崎に飛んだ。同僚の山口かおり(木の実ナナ)は恩師の息子の結婚式で長崎にいたため、現地で太郎らと合流した。光彦の会社は、礼子の亡父が一代で築いたもので、実質上は礼子が経営の実権を握っていた。礼子が東京にマンションを借りたのは、事業拡大のためだが、光彦は反対だった。光彦は、事件当夜は釣りをしていたとアリバイを主張、ネクタイピンは出張先でなくしたという。しかし、太郎は、光彦には殺しの動機があり、アリバイが不確かなことから彼を怪しむ。かおりは、ネクタイピンは光彦に罪を着せるための工作と考え、礼子と光彦を恨む者の犯行と推理する。

 

【脚本】中村勝行、大野武雄

【出演】古谷一行、木の実ナナ、火野正平、山田まりや、大浦龍宇一、永島敏行、斉藤林子 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
小橋智子
ディレクター
脇田時三
監督補
大久保智己


このページの先頭へ