ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

月曜ゴールデン 西村京太郎サスペンス
十津川警部シリーズ49 特急しらさぎ殺人迷路
~越前竹人形の謎~

【詳細ページ用】-十津川49

 

[TBS]
2013年1月21日(月)21:00~22:54(全1話)

都内のある公園で、資産家で宝石店社長の脇田肇(石山輝夫)が殺された。警視庁捜査一課の十津川省三警部(渡瀬恒彦)たちは現場に駆けつけ捜査を開始する。脇田は敵が多く怨恨による犯行かと思われたが、脇田の妻、洋子(石井めぐみ)との洋子の連れ子、みどり(一戸奈美)、みどりの夫、治郎(阪田マサノブ)は犯人には心当たりがないと素っ気なく語る。一方、西本刑事(堤大二郎)は、自宅の電話にかつての恋人、野村ひろみ(大河内奈々子)から「命を狙われているので東尋坊まで救いに来て欲しい」と訴えるメッセージが残っていることに気付き驚く。さらにその翌日、ひろみから「自分は殺害された」と2度目のメッセージが届いた。その直後、東尋坊近くの海岸で身元不明の女性の死体が上がった。西本はそれがひろみではないかと不安を募らせる。ところが、ひろみは公園で殺された脇田の愛人だったことが判明し、事件は意外な進展を見せる。脇田の家族は、実はひろみに脅迫されて大金を渡したと打ち明ける。さらにひろみは西本と面識のある大学の同級生・広田勇次(湯江健幸)と永井克巳(渋谷哲平)とも親しく交際していたことが判明。ひろみの意外な過去を知り、西本は戸惑う。メッセージの声は本当にひろみだったのか? 東尋坊に上がった死体は誰か? 大金はどこへ消えたのか?それらの手掛かりを求め、十津川と西本は東尋坊とその近辺を丹念に訪ね歩く。

 

【原作】西村京太郎「恐怖の海東尋坊」文春文庫

【脚本】平林幸恵

【出演】渡瀬恒彦、伊東四朗、大河内奈々子、湯江健幸、堤大二郎、山村紅葉、中西良太、古川りか、内山翔人、吉田智則、小宮孝泰、一戸奈美 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
森下和清
ディレクター
山内宗信
AD
松島瑠璃子


このページの先頭へ