ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

月曜ゴールデン 内田康夫サスペンス
浅見光彦シリーズ26 津和野殺人事件

 

[TBS]
2008年9月29日(月)21:00~22:54(全1話)

ルポライター・浅見光彦(沢村一樹)の母・雪江(加藤治子)は、巣鴨の霊園で男の死体を発見する。男は“山陰の小京都”と言われる津和野きっての旧家である朱鷺一族の長老・朱鷺勝蔵(山本龍二)。勝蔵は神津家の墓の前で倒れており、その台座には不自然に動かされた跡があったことから、光彦は勝蔵が神津家の副葬品を取り出そうとしていたのではないかと推理する。早速、光彦は神津家の血縁者である神津洋二(河西健司)を訪ねるが、神津は事件に心当たりは無いとそっけない返事。だが直後、神津が津和野の池で死体となって発見される。事件解決の糸口を探すため、雪江とともに萩・津和野に向かった光彦は、道中で樋口久美(いしのようこ)・実加代(加藤夏希)母娘と親しくなり、一緒に街を巡ることに。萩での旅の途中、朱鷺家17代目・現当主の慶四郎(村田雄浩)に出会う。光彦は勝蔵の親戚だという慶四郎に尋ねるも、やはり事件解決につながる情報は得られなかった。光彦は、樋口母娘と話をするうち二人が津和野に訪れた理由を知る。実は母・久美には行ったことのない、太鼓谷稲成神社の記憶があるという。その記憶を確かめるため、津和野にやってきていたのだ。そして赤い鳥居まで来たところで、久美は突然激しく怯え始めるのだった…。

 

【原作】内田康夫

【脚本】石原武龍/小澤俊介

【出演】沢村一樹、加藤治子、村井國夫、岡田茉梨子、加藤夏希、いしのようこ、村田雄浩、洞口依子、大高洋夫、金田明夫、長谷川稀世、山本龍二、深水三章、河西健司、石田太郎、加門良 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
矢口久雄
ディレクター
村上牧人


このページの先頭へ