ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

月曜ドラマスペシャル年末特別企画 
西村京太郎サスペンス 
十津川警部シリーズ18 シベリア鉄道殺人事件

【詳細ページ用】-十津川18

 

[TBS]1999年12月27日(月)21:00~23:24(全1話)

新宿歌舞伎町のラブホテルで偽造パスポートを所持した外国人売春婦の他殺体と瀕死の男が発見された。男は「シベリア鉄道」と言い残し絶命、捜査を担当する十津川らは消えた第三者の犯行と断定する。捜査線上に巴交易関係者・長谷部の存在が浮上、手がかりとしてシベリア鉄道ロシア号の発車日時が記されたメモを入手する。十津川は観光旅行者として過ごす事を条件にロシア出張を志願、シベリア鉄道に乗り込む。列車は長谷部らしき男、そして長谷部と関わりを持つ菊池、そしてウラジオストックで知り合ったガイド役の日本女性・秀子を伴ない、十津川を乗せ雪原を疾駆する。長谷部はイルクーツクで下車、後を追う十津川は駅でウラジオストック日本領事館の沢木に声を掛けられる。そして巴交易が画策する核兵器開発絡みの犯罪を知らされ、協同調査に乗り出す。そこで十津川はイルクーツクで別れた秀子に再会、実は秀子は沢木の部下で十津川の護衛を兼ね、核開発の主導者・菊池と長谷部の動向を窺っていたのだ。

 

【原作】西村京太郎

【脚本】安本莞二

【出演】渡瀬恒彦、伊東四朗、遠野なぎこ、柴俊夫、堤大二郎、永島敏行、小野ヤスシ、山村紅葉、岸本祐二、石堂夏央、三田村周三、麿赤児、重松収 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
森下和清
杉村治司
ディレクター
藤尾隆
AD
浅野敦也
山後勝英


このページの先頭へ