ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

月曜ミステリー劇場 西村京太郎サスペンス
十津川警部シリーズ29 松山・道後十七文字の殺人 

【詳細ページ用】-十津川29

 

[TBS]2003年9月22日(月)21:00~22:54(全1話)

亀井刑事(伊東四朗)が趣味で作っている俳句が、正岡子規ゆかりの愛媛松山の俳句祭で特別賞を取った。受賞のため松山を訪れた亀井は、市の職員から不可解な相談を受ける。応募された句の中に、死を予感させる句が入っていたというのだ。投句したのはいずれも東京の人間。「秋に復讐のため人を殺す」とも読める。まるで雲をつかむような「殺人予告」に、亀井は十津川警部(渡瀬恒彦)に相談。パソコン検索から、二つの事件が浮かび上がる。松山で自殺していた鹿島さとみ(棚橋幸代)。俳句が趣味の大学教授・山下俊吾(石濱朗)も不審な死を遂げていた。警察は山下を事故死としていたが、殺人の線も捨てきれない。亀井は山下の後輩・関根教授(小宮孝泰)の協力を得て、事件を洗いなおす。

 

【原作】西村京太郎

【脚本】水谷龍二

【出演】渡瀬恒彦、伊東四朗、とよた真帆、萩原流行、小宮孝泰、堤大二郎、鈴木省吾、小野武彦、小野ヤスシ、須藤温子、中西良太、山村紅葉、綾田俊樹、森下哲夫、古川りか、小林すすむ、森脇英理子、児玉謙次 ほか

 

【製作著作】テレパック

Creators

プロデューサー
森下和清
沼田通嗣


このページの先頭へ