ページの先頭です

テレパック




制作番組・CM

特集ドラマ10
いつか陽のあたる場所で スペシャル

 

[NHK]
2014年4月1日(火)22:00~23:13(全1話)

芭子は、アメリカから一時帰国した岩瀬(斎藤工)と再会する。かつて芭子は岩瀬のストリート・パフォーマンスに生きる力をもらい、二人はお互いにひかれ合うようになった。芭子の過去を知った岩瀬は、アメリカへ修業にいく予定を取りやめ、芭子の支えになろうとするが、芭子はパフォーマーとしての岩瀬の夢を邪魔したくないと身を引いたのだった。岩瀬は芭子を実家に誘い、家族に会ってほしいという。岩瀬の家族から温かく迎えられた芭子は、自分の過去を告白すべきなのか否か、思い悩む。一方、綾香は一枚のハガキを見つめていた。「またおばちゃんが作ったパンを食べたいです」と書いたのは、綾香が夫を殺めてしまった後、離れ離れになり、今は児童養護施設で暮らしている息子の朋樹だった。以前一度だけ、母親と名乗らずに会ったときに、焼きたてのパンを持っていったことを憶えていたのだ。返事を書こうとするが、なかなか書けない綾香。そこに、突然、朋樹がやって来る。何か悩みをかかえ、小さな胸を痛ませているらしい朋樹の姿に、綾香の心は揺れる。

 

【原作】乃南アサ「いつか陽のあたる場所で」「すれ違う背中を」

【脚本】高橋麻紀

【出演】上戸彩、浅野温子、飯島直子、斉藤工、大東俊介、福徳秀介(ジャルジャル)、鹿沼憂妃、金田明夫、手塚理美、木南晴夏、藤本哉太、松金よね子、竜雷太、坂本あきら ほか

 

【製作著作】NHK/テレパック

Creators

プロデューサー
近見哲平
ディレクター
渋谷未来
AD
雫石瑞穂


このページの先頭へ